ダイエットとカロリーゼロ飲料!人工甘味料は逆に肥満を引き起こす!

karori-0

ダイエット○○といったカロリーゼロをキャッチコピーにした
清涼飲料水が巷では溢れかえっています。

これらのカロリーゼロ飲料には砂糖の代わりに
人工甘味料が使用されており
砂糖と違ってほとんどカロリーはないので
それ自体を摂取しても血糖値が上がらないため太らない…

そんな気がするのですが、人工甘味料に頼っている事自体が
糖質に依存している証拠となり、人工甘味料を取り続けていても
根本的に甘いものを欲してしまう味覚は修正されていないのです。

さらに人工甘味料を摂取した後にブドウ糖を摂取した方が
血糖値が上がり易くなるといわれており

食事の際に人工甘味料と同時にブドウ糖を取る事によって
太り易くなる危険性があり、人工甘味料を
普段から摂取している人はそうでない人に比べて
太り易いというデータもあるのです。

人間の腸内には数百種類、総合100兆個といった腸内細菌が棲んでいて
乳酸菌、ビフィズス菌といった善玉菌に大腸菌といった悪玉菌に
善玉や悪玉にもなる日和見菌がせめぎあいながら生態系をたもっています。

現代においてこの腸内細菌が肥満や生活習慣病に
大きく関わっている事がわかってきていて

マウスを使った実験では、
太ったマウスの腸内細菌を移植されたマウスは太り
痩せているマウスの腸内細菌を移植したマウスは太らないといった
ことが分かってきております。

そして、この人工甘味料の入っているカロリーゼロ飲料を摂取することで、
このような腸内細菌の生態系を狂わせ肥満や生活習慣病を
引き起こす可能性がありダイエットに大敵なものなのです!